エレベーターで心つかまれたこと

こんにちは。
ビジネス印象力コンサルタント、松崎彩です。

先日、エレベーターでのこと・・。

エレベーターの下座に
乗っていました。

(エレベーターの下座とは、
操作盤の前のことですね。)

11529230 - woman in elevator or lift is pressing the button to get into the right floor; only hand to be seen - close-up

11529230 – woman in elevator or lift is pressing the button to get into the right floor; only hand to be seen – close-up

すると、エレベーターの
ドアを閉めようとした直前
男性が駆け込んできました。

乗り込むと、その男性は
操作盤にいる私を見て
「ありがとう」と。

私は、そのまま
会釈で言葉を受け取っていました。

最後降りる階が
男性と同じだったのですが、

ドアの近くにいた男性は
当然最初に、
操作盤にいた私は、
最後に降りました。

すると、最初に降りた男性が
私が降りるまで
ドアを押さえてくれていたのです。

私が降りる時、
「どうぞ。ありがとね。」
と笑顔とともに
声をかけてくれました。

まさか、ドアを押さえてくれるとも
笑顔で
再度、お礼を言われるとも思っておらず
完全に不意打ちでした(笑)

同じエレベーターに
一緒に乗っていた娘(小学4年)が

____________________

笑顔で「ありがとう」
人に言えるのって
気持ちがいいね。

____________________

と思わず、言ってしまったほど
心を掴まれてしまいました。

CA時代、
エレベーターに乗った時の暗黙のルールは
下っ端が、
誰よりも早く操作盤の前に乗り
最初に降りたら
ドアを押さえておくというものがありました。

だから、なんだか癖で(汗)
操作盤にすぐ乗ってしまうんですよね。

でも、ドアを押さえている時に
笑顔で
「どうぞ」とか
「ありがとう」と言ったことがあったかなと。

思わず、自分の過去を振り返ってしまいました。

笑顔と
ありがとう
のダブルパンチ

最強ですね(笑)